デロイト

税務

タイ国 税務最新情報 : 新型コロナウイルス(COVID-19)対策税制

【デロイト トーマツ グループ ニュースレター】源泉税率の軽減措置、中小企業の追加所得控除(支払利息・人件費)、VAT還付の早期化、申告・納付期限の延長など、タイ国で3月に取りまとめられた新型コロナウイルス対策税制の概要をまとめた。
税務

タイ国のCOVID-19対策税制(源泉税率の軽減措置)

【デロイト トーマツ グループ ニュースレター】2020年3月30日付のタイ国官報において、財務省令第361号が公表され、2020年4月1日から9月30日の期間に行われる支払については、適用される源泉税率が1.5%に引き下げられた。その後、2020年10月1日から2021年12月31日の期間に行われる支払については2%に引き下げられた。
会社法務

タイ国「通信を利用した会議に関する緊急勅令」の概要

【デロイト トーマツ グループ ニュースレター】2020年4月19日、「通信を利用した会議に関する緊急勅令」が(タイ国の)官報に掲載された。本緊急勅令の狙いは、WHOの推奨に従い、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としてソーシャル・ディスタンスを保つことにある。
人事・労務

タイ国におけるCovid-19対策(労働法関連)

【デロイト トーマツ グループ ニュースレター】新型コロナウイルス(Covid-19)対策として、タイ政府が公表した労働法に関わる特別措置をお知らせする。具体的には、非正規労働者の所得補償、社会保障基金(Social Security Fund)への拠出額の軽減、不可抗力で失業状態になった従業員への失業給付、解雇時および退職時の失業給付である。
会計・監査

タイ国におけるCOVID-19に関連する決算・監査上の留意事項(例)

【デロイト トーマツ グループ ニュースレター】新型コロナウイルス感染症の拡大により、工場の一時閉鎖や従業員の在宅勤務の開始など、様々な影響が生じており、2020年3月末に決算期を迎えるタイ国内日系企業の決算・監査スケジュールにも影響を与えることが想定される。
人事・労務

新型コロナウイルス感染症対応による外国人従業員管理への影響(デロイト トーマツ グループ「Initiative」 より)

【デロイト トーマツグループ ニュースレターより】Covid-19の拡大を受け、特に外国人従業員の管理において情報が錯綜し、混乱を極めている。そこで、人事管理業務視点で種々の制限情報とすべき対応について論じる。また、その他の重要な外国人従業員管理に関する法改正もまとめた。
タイトルとURLをコピーしました