読書術&書評

コロナ禍を強力なインプットで乗り切るための読書術や、参考になる本の書評などをお届けします。

読書術&書評

「落ち着けドナルド。落ち着け!」とグレタ・トゥンベリさんは言った(連載「ニューノーマル時代の読書術」)

執筆者:百合野正博氏(同志社大学名誉教授)概要:コロナ禍で,多くの人たちは人と人との関係性が薄くなった反面,自由に使える時間は増え,本を手にとる時間的余裕は生まれているのではないか。ここでは,ゴマンとある書籍から厳選したおすすめの本3冊の紹介,そして読者への短いアドバイスを送る。
読書術&書評

ESGと財務諸表(連載「ニューノーマル時代の読書術」)

執筆者:秋葉賢一氏(早稲田大学大学院教授)概要:ニューノーマル時代のなかで,最近見聞きするキーワードの1つにサステナビリティ(持続可能性)が挙げられる。これは,SDGs,ESG,そして非財務情報につながる。ESGと財務諸表との関係を考察するにあたって,どのような本を読むとよいのかについて取り上げる。
読書術&書評

2項対立的な思考を読み解き,その先へ(連載「ニューノーマル時代の読書術」)

執筆者:今福愛志氏(日本大学名誉教授・日本大学大学院講師) 概要:何気ない日常生活が,COVID-19でもろくも崩れさった。意外なことに,その間,本の中身も読み方も大きく変わった。著者のニューノーマル時代の読書術4つを紹介する。
読書術&書評

未知から既知への旅を楽しむ(連載「ニューノーマル時代の読書術」)

執筆者:武田雄治氏(公認会計士) 概要:読書は,常に未知のパンドラの箱を開けるという「楽しみ」である。この「楽しみ」は,書店で本を選んでいる時から始まっている。本稿では,筆者なりの本の読み方,本の選び方を紹介し,実務家の皆様に役に立つと思われる文献も紹介する。
タイトルとURLをコピーしました