助成金

助成金

必要書類やよくある不備は? 家賃支援給付金の申請上のポイント

執筆者:山岸崇裕氏(公認会計士・税理士)概要:「家賃支援給付金」の申請が、7月14日から開始された。そこで、申請にあたって準備すべき書類や注意すべきポイントをまとめた。
助成金

「家賃支援給付金」制度概要のまとめ

執筆者:畑中孝介氏(税理士)概要:7月3日、経済産業省は「家賃支援給付金に関するお知らせ」を公表した。具体的な対象範囲や申請方法、申請開始日等の制度詳細は検討中であり、準備ができ次第、公表されるとのこと。
助成金

持続化給付金、個人事業者(雑所得・給与所得)&新規創業者に対象拡大!

6月26日、経済産業省は「持続化給付金に関するお知らせ(支援対象の拡大)」を公表した。これにより「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者」「2020年新規創業者」も新たに申請が可能になった。追加された必要書類も整理した。
人事・労務

雇用調整助成金の日額上限が引上げに! 追加支給も

執筆者:土屋信彦氏(特定社会保険労務士)概要:第2次補正予算が6月12日に参院本会議で可決、成立した。その中心の1つに挙げられるのは、雇用調整助成金の日額上限の引上げを含む要件緩和である。要件緩和のポイントと申請上の留意点について解説する。
Opinion

特別定額給付金のオンライン申請、混乱の元凶はマイナンバー?

執筆者:藤曲武美氏(税理士)概要:ライフラインともなりうる特別定額給付金だが、マイナンバー制度をフル活用したオンライン申請に黄色信号が灯っている。預金口座との紐づけが…などともいわれるが、どうも実態を見てみると元凶は預金口座ではなく…。
助成金

都道府県別・感染拡大協力金その他コロナ関連給付金等の一覧

すでに東京都や神奈川県の感染拡大協力金を取り上げたが、各都道府県において、さまざまな協力金・給付金・補助金・助成金等のメニューが用意されているため、以下表形式でまとめた。
助成金

神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)実施概要まとめ

神奈川県は、5月7日から5月26日までの休業要請等に協力し、また、自主的に休業等をしている中小企業および個人事業主等に対して、「神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)」を交付する。申請は6月8日から開始しており、交付額は1事業者あたり10万円である。
助成金

スタートアップ企業が活用したい公的支援策(融資/補助金・助成金制度)

馬場正威氏(公認会計士)概要:コロナ支援策には、①融資、②補助金・助成金、③出資等があるが、様々な制度があり、自社にどの制度が適用できるか、情報を整理しきれない企業も多いのではないか。そこでスタートアップ企業にも活用しやすい制度をまとめた。
助成金

「東京都感染拡大防止協力金」(第2回)実施概要のまとめ

東京都は、5月7日から5月25日までの緊急事態措置期間において、都の要請や協力依頼に応じて、店舗・施設の使用停止に全面的に協力した中小の事業者に対し、「東京都感染拡大防止協力金」(第2回)を支給予定と公表した。
助成金

テナントの賃料減額に応じた家主が受けられる支援措置は?

執筆者:藤曲武美氏(税理士)概要:コロナ禍の休業要請等により収入が途絶え、家賃を払い続けることが困難になった事業者が相次いでいる。そこで家賃減額要請がなされているが、家主にとっても大きな痛手になりうる。家主はどのような支援措置を受けることができるだろうか。
タイトルとURLをコピーしました