税務

税務

2020年度税制改正とコロナ禍対応税制の実務ガイド

執筆者:荒井優美子氏(公認会計士・税理士)概要:グループ通算制度以外の年度改正および、新型コロナウイルス感染症の影響に対応するための税制措置について、その実務ポイントを解説する。
助成金

テナントの賃料減額に応じた家主が受けられる支援措置は?

執筆者:藤曲武美氏(税理士)概要:コロナ禍の休業要請等により収入が途絶え、家賃を払い続けることが困難になった事業者が相次いでいる。そこで家賃減額要請がなされているが、家主にとっても大きな痛手になりうる。家主はどのような支援措置を受けることができるだろうか。
税務

国税庁新型コロナFAQ・5月15日更新内容のポイント

執筆者:藤曲武美氏(税理士)概要:「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」が5月15日付で更新された。教育資金一括贈与、プロスポーツ・スポンサーの支援、従業員への見舞金などについて特例措置が設けられている。
お知らせ

新型コロナの税務対応〜今、できることは何か(税務弘報2020年6月号緊急企画・無料公開)

月刊『税務弘報』2020年6月号(5月2日発売号)「緊急企画 新型コロナの税務対応〜今、できることは何か」の無料公開。掲載記事は、「新型コロナの税務対応の全容」、「テレワーク通信設備,通勤手当の取扱いは? 個人のための税務対応と税制措置」、「減免賃料,減額役員給与の取扱いは? 法人のための税務対応と税制措置」。
税務

タイ国 税務最新情報 : 新型コロナウイルス(COVID-19)対策税制

【デロイト トーマツ グループ ニュースレター】源泉税率の軽減措置、中小企業の追加所得控除(支払利息・人件費)、VAT還付の早期化、申告・納付期限の延長など、タイ国で3月に取りまとめられた新型コロナウイルス対策税制の概要をまとめた。
税務

タイ国のCOVID-19対策税制(源泉税率の軽減措置)

【デロイト トーマツ グループ ニュースレター】2020年3月30日付のタイ国官報において、財務省令第361号が公表され、2020年4月1日から9月30日の期間に行われる支払については、適用される源泉税率が1.5%に引き下げられた。その後、2020年10月1日から2021年12月31日の期間に行われる支払については2%に引き下げられた。
税務

4月30日公布・新型コロナウイルス対応税制「特例法」の速報解説(PwC税理士法人Japan Tax Update)

【PwC税理士法人Japan Tax Update】「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律」および「地方税法等の一部を改正する法律」、以下、「特例法」)が、2020年4月30日に可決成立し、同日に公布・施行された。そこでこの特例法に基づき、主な税制措置について解説を行う。
お知らせ

畑中孝介税理士・コロナ税制対策WEBセミナーを公開中

税理士・畑中孝介先生が、YouTubeでコロナ対策第1弾「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置」を速報されています。
税務

コロナ対策税制(税制上の措置案)のまとめ

執筆者:畑中孝介(税理士)概要:コロナ対策の一環として今国会中に成立予定のコロナ対策税制(法案提出前)の解説を行う。また、納税猶予や申告期限の延長などの税制措置の主なポイントを表にまとめた。
税務

新型コロナウイルス感染症拡大防止に対応した税務上の取扱いについて(PwC税理士法人Japan Tax Update)

【PwC税理士法人Japan Tax Updateより転載】「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」(2020年3月25日)の内容や「法人税及び地方法人税並びに法人の消費税の申告・納付期限と源泉所得税の納付期限の個別指定による期限延長手続に関するFAQ」(2020年4月8日)などを中心に新型コロナウイルス感染症対応の税制措置について解説した。
タイトルとURLをコピーしました