運営者

Opinion

「風立ちぬ」、樋口一葉、そしてUber運転手ー『感染症と経営:戦前日本企業は「死の影」といかに向き合ったか』へのイントロダクション

コロナ禍、私たちは死の可能性や将来の不確実性に直面している。感染症に苦しむ日本社会は『風立ちぬ』のような「過去」ではなかったのだ。―こんな世の中、何をどうやって、どうしていけばいいわけ?―そのヒントを、「企業」との関係から考えてみたい。
お知らせ

コロナ禍の中で注視しておきたい日銀ETF購入の行方

平山賢一氏(東京海上アセットマネジメント㈱執行役員 運用本部長)概要:日銀は日本株最大投資家となった。「臨時、異例」だったはずのETF購入=市場介入がなぜ長期化したのか、出口戦略はあるのか。待望書『日銀ETF問題』がいよいよ刊行!
会計・監査

コロナと戦う開示⑰ 経済だけでなく、開示の質も牽引役であってほしいトヨタ

執筆者:三井千絵氏 概要:2月10日に発表されたトヨタの第3四半期決算は、3カ月利益で前年比増益となり、業績予想も上方修正した。数字の精度にはけちのつけようもないが、もう少しその計算の背景、根拠も説明してほしいという不満もあるようだ。
会計・監査

コロナと戦う開示⑯夢の国を想う顧客や従業員に対するオリエンタルランドの取組み

執筆者:三井千絵氏 概要:コロナ禍の影響はディズニーリゾートに直撃した。運営するオリエンタルランドの業績はもちろん、ゲストや2万人ものキャストたちに大きな影響を与え続けている。会社はどのように取り組み、それを説明しているのだろうか。
会計・監査

コロナと戦う開示⑬株主総会前に有価証券報告書を提出したオリンパス

執筆者:三井千絵氏 概要:有価証券報告書の「総会前」提出は積年の課題であるが、今年オリンパスが実施して注目されたのは記憶に新しい。すでに中間決算(3月期)が発表されているが、コロナ、KAMと重要論点が満載であるため、おさらいしておきたい。
お知らせ

コロナ禍特有のM&Aデューデリジェンスの留意点

執筆者:中山博喜氏 概要:コロナ禍はM&A実務にも大きく影響を及ぼす。現地視察ができない、予算が削減された、事業計画の前提が変わった、など5つのポイントを整理し、戦略的デューデリジェンスの重要性について解説する。
お知らせ

コロナ禍において経理業務をテレワークに変えていくべき理由

執筆者:原幹氏(公認会計士)概要:ソーシャルティスタンスがビジネスにおいても新常識になった社会では、揺り戻しが多少あったとしてもテレワーク型勤務は避けて通れない道だ。経理部門も例外ではない。経理のテレワークを実現するために最も大事なこととは?
会計・監査

英国FRCは、コロナ禍における企業開示をどう評価したか?

執筆者:三井千絵氏(データアナリスト)概要:英国のFRCが7月に公表した「COVID-19 Thematic Review」では、新型コロナウイルスの影響をどのように企業が開示したのか、グッドプラクティスを多数分析しており、日本企業にも役立ちそうだ。
会計・監査

コロナと戦う開示⑫:オリックス 複雑な事業をどう見通していくか

オリックス(米国基準)の開示の情報量は投資家からも好評だ。ただ、持分法適用会社Avolon(IFRS、航空機リース)が減損計上する一方で、オリックスの開示書類に言及はない。この点、会計上の見積りの仮定も含めよりわかりやすい開示を期待したい。
会計・監査

IFRS第16号「リース」の修正「Covid-19に関連した賃料減免」の開示例

5月に国際会計基準審議会(IASB)より公表されたIFRS第16号「リース」の修正「Covid-19に関連した賃料減免」について、8月17日現在で、約17社ほどが同基準の適用について開示を行っているため、本稿にて紹介する。
タイトルとURLをコピーしました